わからない言葉の意味を掲載

とはとは

経済用語

「真水」ってどういう意味?わかりやすく解説。事業規模と真水の違いの理解が必要

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿日:

この記事では「真水」についての意味を解説していきます。

真水

真水は経済用語です。

「真水」は「飲む水」のことではなく、経済対策のために実際に政府が支出するお金の金額のこと。

リーマンショック後の経済対策では事業規模56,8兆円。
このときの真水(実際の財政支出の国費)15.4兆円で3割り程度でした。

2020年4月7日現在コロナウィルスによる緊急経済対策 事業規模は総額108兆円程度と報道されていますが、
真水は16兆円程度となっています。
経済対策の財政支出39兆円 事業規模108兆円、今夕決定  :日本経済新聞

事業規模の金額と真水の金額は異なるので、「経済対策は108兆円」とだけ書かれていると
内訳がわからず混同してしまうことになります。

「真水」に厳密な定義はありませんが真水に含まれるものとして以下があげられます。

・給付金や減税は真水に含まれる。
・公共事業のうち用地費は真水に含まれない(土地取引は経済生産に計上しないため)。
・公共事業のうち人件費や材料費は真水に含まれる。
・大学・研究機関への研究費も真水に含まれる。
・返済不要の奨学金も真水に含まれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E6%B0%B4_(%E7%B5%8C%E6%B8%88%E7%94%A8%E8%AA%9E)

「真水」の使い方

・「真水」の詳細は不明
・大事なのは真水
・『事業規模』と『真水』 正しく理解しないとぬか喜びになっちゃいますよ
・『真水』<国が出すお金>が大切

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-経済用語
-

Copyright© とはとは , 2020 All Rights Reserved.