わからない言葉の意味を掲載

とはとは

経済用語

Go Toキャンペーンってどういう意味?

スポンサードリンク

投稿日:

この記事では「Go Toキャンペーン」についての意味を解説していきます。

まだ経産省が5月26日から6月8日まで全体事務局の事業者を公募している最中ですので、
GoToキャンペーンの対象商品はまだ未定です。

現金がもらえるわけではなく、ポイントやクーポン券として使うことになります。

総額1兆7千億円規模の消費喚起を狙った経済対策で、新型コロナウィルス拡大の影響でダメージを受けた業種を対象にしています。

観光地、旅行や飲食店で使えるクーポン券と観光業だけでなく外食・イベント業界も含めた全国規模のキャンペーンになります。

GoToキャンペーンの利用時期は7月下旬ごろを予定

2020年6月5日現在、県をまたいでの移動は自粛対象になっています。

当初の4段階ステップの予定では6月19日以降、全国を対象に県をまたぐ移動の自粛を解除する方針となっていますので
このステップ2を超え、イベント開催制限の段階的緩和の目安の「ステップ3」に移行した段階からGotoキャンペーンが行われる予定になっています。
しかし、新型コロナウィルスの感染状況次第ではステップの移行に待ったがかかる可能性もありますので
旅行計画を立てている人はニュースに注目したいところです。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/novel_coronavirus/th_siryou/sidai_r020525.pdf

Go To Travel

■支援内容
旅行商品の割引、地域共通クーポンの発行して需要喚起を図る。

■支援額
旅行商品価格の1/2 で最大1人1泊あたり2万円が上限(日帰りの場合は1万円)

■対象
国内旅行者が対象で訪日外国人旅行者は対象外

Go To Eat

■支援内容
飲食店を予約・来店した消費者に対する飲食店で使えるポイント等の付与や
プレミアム付き食事券を発行して需要喚起を図る。

店舗割引と割引商品券は2つ同時利用はできません。

■支援額
1人あたり最大1000円分付与、食事券代金2割分割引

■対象
オンライン予約サイト経由で飲食店を予約・来店する消費者

Go To Event

■支援内容
イベント・エンターテインメントのチケットに対し
割引・クーポンを付与して需要喚起を図る。

■支援額
チケット代金の2割分

■対象
国内開催イベントのチケット割引
物販で利用できるクーポン付与

Go To 商店街

■支援内容
商店街での買い物やイベントの取り組み支援で需要喚起を図る。

■支援額
1申請者あたり300万円を上限として支援
複数商店街等により広域でプロモーション、観光商品開発等を実施する場合には500万円上乗せ可能

■対象
商店街等が実施するイベント開催、プロモーション、観光商品開発業者。

まとめ

事務局委託先を公募中のため
どの予約サイトを経由した場合にGoToキャンペーンが適用されるのか?
利用開始時期、対象店舗はまだ未定の段階です。

■経済産業省説明会資料
経済産業省説明会資料

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-経済用語
-

Copyright© とはとは , 2020 All Rights Reserved.