わからない言葉の意味を掲載

とはとは

生活

「気候危機」ってどういう意味??使い方を解説。

スポンサードリンク

投稿日:

この記事では「気候危機」についての意味を解説していきます。

「気候危機」とは「気温上昇による経済的被害」

近年の世界的に広がっている記録的猛暑が起こす経済被害のこと。

世界的な異常な猛暑の影響で
・山火事の発生
・大規模洪水
・干ばつ・渇水
が起こっています。

身近な例では暑さによるレール変形の恐れによる電車の運転停止でしょう。

また暑すぎて昼間に働けないために作業時間の切り替え、
暑さによる労働時間低下が影響されます。

北極圏の氷は過去最速ペースで溶けており、北極圏の氷が溶けることで海面上昇が起こり、異常気象の原因にもなると予測されています。

国債労働期間(ILO)の試算では2030年までに世界で2兆4千億ドル(250兆円)の経済損失があるとされています。

「気候危機」の使い方

・気候危機 世界経済に打撃
・気候危機だ
・気候危機/地球温暖化
・気候危機キャンペーン
・気候危機を止めるには

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-生活
-, ,

Copyright© とはとは , 2020 All Rights Reserved.