わからない言葉の意味を掲載

とはとは

生活

お菓子の内容量がどんどん少なくなってるよね「シュリンクフレーション」ってどういう意味?使い方を解説。

スポンサードリンク

投稿日:

この記事では「シュリンクフレーション」についての意味を解説していきます。

「シュリンクフレーション」とは

「シュリンクフレーション」とは

売り出されている値段が変わらないのに
内容量が減らされてる経済現象です。

「実質値上げ」「ステルス値上げ」などとも言われます。
「ステルス値上げ」の方がニュースの用語としてはよく目にします。

身近な例としてはお菓子やペットボトルの内容量が年々減っていると思いませんか?
チーズやヨーグルトなども容器が昔より小さくなっていたりしますよね。

まさにシュリンクフレーションが現実に感じられるところです。
菓子・飲料・インスタント食品・加工食品・日用品など生活していく上で様々なもので
シュリンクフレーションが発生しています。

シュリンク(Shrink)とは、「収縮」という意味です。

シュリンクフレーションの特徴

見た目が変わらない(パッケージデザインや大きさは同じで内容量の表記が減っている)ため
ぱっと見て全然違いがわからないのが特徴です。
同じ袋のサイズでも、空気がつまって膨らんでいたり、
段差の底上げがされていたりするため消費者側として気づきにくい。

「従来品より持ちやすい」「“お値打ちサイズ”に容量変更(中味の変更はございません)」などの謳い文句をつかって理由付けしている場合には
シュリンクフレーションをうたがいます。

食料品の値上げに関連するアーカイブ一覧 - Yahoo!ニュース

「シュリンクフレーション」をしてしまう理由の一部

・物流・原材料・人件費の高騰

「シュリンクフレーション」の使い方

・ステルス値上げ、だろうけどバレまくってます
・シュリンクフレーションが進んでいる
・シュリンクフレーションを確認した。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-生活
-,

Copyright© とはとは , 2020 All Rights Reserved.