わからない言葉の意味を掲載

とはとは

IT関連用語

「スマホ決済サービス」ってどういう意味?

スポンサードリンク

投稿日:

この記事では「スマホ決済サービス」についての意味を解説していきます。

スマホ決済サービス

「スマホ決済サービス」は事前にアカウント登録をしておき、アカウント残高をチャージしておけば
加盟店でスマホを使ったキャッシュレス決済ができる仕組みです。

多くは自分のスマホ上に読み取り用のQRコードを表示させて
専用機器で読み取らせることで決済が完了します。

そのため現金を持ち歩く必要がなくなるので
支払いの時間短縮が可能になります。

スマホ決済サービスのメリット・デメリット

「スマホ決済サービス」のメリットは現金を持ち歩かなくて良い、支払いが楽な点です。
お金の流れが記録されて残るので公正な税金の徴収面においても利点があります。

デメリットは支払いしている感覚が薄れてしまうので
クレジットカード決済同様にいくらつかったのかを自分で把握しておかないと
気が付かぬうちに大量にお金を支払ってしまっていたということがあります。

また日本ではスマホの決済サービスを独自に作っている企業が多く、
他のサービス同士の関連性がありません。
Suica・PASMOのように特定の電車やエリアではつかえるけれど
国内の他の地域へ旅行や仕事にいったときには使えないということが起こります。

独自の決済サービスの乱立がされている現状では
ユーザーは使い分けるしか対処方法がなくとても面倒な状況になっています。

2018年「スマホ決済サービス」がどんどん増えているため
2019年も新たな決済方法が増えるのでは?と予想されます。

「スマホ決済サービス」の種類

・ファミペイ
・楽天ペイ
・LINE Pay
・PayPay
・d払い
・pring
・オリガミペイ
・Amazon Pay
・au Pay
・ゆうちょPay
・セブンペイ
・はまペイ
・Pay ID
・ピクシブペイ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-IT関連用語
-

Copyright© とはとは , 2020 All Rights Reserved.